武内P「泥酔、ですか」題名のないSSまとめ

9pt   2019-11-27 20:00
SSでレッツゴー

60: 名無しさん 2019/03/24(日) 21:05:43.44 ID:o5Zx5igvo
「ククク……我が闇の祝福を与えし地か!」 


 右の手の平、中指と薬指の間からプロデューサーを見る。 
 呼び出されたから、何か仕事の話かなって思ってたの。 
 プロデューサーって、とっても真面目な人だもん。 
 そんな私の予想は、外れてはいなかった。 


「いざ! 我らが翼を広げ、彼の地へと羽ばたかん!」 


 左の手の平を広げ、プロデューサーへ向ける。 
 急な話だったけど……えへへ、嬉しいな♪ 
 だって、今度のLIVE会場の下見に、一緒に行けるんだもん! 
 最近、プロデューサー忙しそうだったから……。 


「あ、いえ……今日の話ではなく、ですね」 


 プロデューサーが、右手を首筋にやって困った顔をしてる。 
 う、ううっ……は、恥ずかしいよ~! 
 ちゃんと話を聞かずに、行きましょう、だなんて言っちゃった~! 
 えと、こういう時は、 


「ふむ……時を司る神、クロノスが我らを阻むか」 


 右手を下ろして、今度は前に出していた左手を顔の前へ。 
 指の隙間から、プロデューサーを見る。 


「我が友よ! 鬨の声が上がるは、いずれの時か!」 


 プロデューサー、行くのはどの日ですか? 


「そう、ですね……」 


 プロデューサーは手帳を出し、カレンダーのページを開いて見せてきた。 
 ポーズをやめて、デスクに近づいてそれを見る。 
 プロデューサーの指先が示したのは、第二週と第三週の、日曜日。 
 確か、この日はまだレッスンの予定も、仕事の予定も無かった……と思う。 


「この、どちらかの日は……どうでしょうか?」 


 少し遠慮がちな、プロデューサーの声。 
 それは多分、その日をお休みにする事も出来るから……ですよね? 
 でも、私の答えは決まってますよ! 
 だから、そんな遠慮なんてしないでくださいっ。 


「アーッハッハッハ! この身に安息は不要! 求めるは、さらなる高みへと登る力!」 


 私、今がとっても楽しいんです! 
 予め会場の下見をすれば、 
ファンの人に喜んで貰えるアイディアが浮かぶかも知れませんし! 
 そのためだったら、頑張っちゃいます♪ 


「……ありがとうございます」 


 向けられる、優しい……ほんの微かな笑顔。 
 いつか、満面の笑みをさせたいなぁ~……な、なんて! 


「そこで……一つ、お願いがあるのですが……」 


 はい?

引用元: ・武内P「泥酔、ですか」

c?ro=1&act=rss&output=no&id=6635503&name
   2chまとめジャンクショントップページへ
の話題が沢山。