親友(♀)「たまには、ね。趣向を変えてみても……それだけよ。」

7pt   2019-11-20 15:00
SSでレッツゴー

1: 名無しさん 2019/11/13(水) 03:08:41.393 ID:arEyW5/s0 親友「……はやく起きなさい。学校に遅れてしまうわ。…………そんな猶予を、この私が与えると本気で思っているの?」

親友「そんな戯言を言っている暇があるなら、はやく現実を直視しなさい。もう朝よ。起きなさい。」

親友「挨拶はあとで構わない。はやく顔を洗って、着替えて、朝食を食べなさい。……済むまで、外で待っているわ。」




親友「……用意は済んだようね。それじゃあ行きましょう。……おばさん、行ってきます。」

親友「………………。」

親友「……そういう訳にはいかないわ。あなたと私は親友なのだから、並んで登校するのは当たり前のことなのよ。」

親友「それともあなたは、私のことを拒むのかしら?……また、拒むの?それに、拒めるの?……………情けない男。」

親友「あなたには私を遠ざけることはできないし、仮にそうしたとしても私があなたから離れない。逆もそう。一定の距離を保ったまま、私とあなたは生きて、そして死んでいくのよ。」

親友「あなたのことは、絶対に許さない。残りの人生を償いに充てて、死んでいくの。あなたにはその義務がある。」

親友「…………私のことを、恐れているの?私のことが、恐ろしいの?…………これなら、どう?」

親友「……酷い手汗ね。私に対する焦りや恐怖で、身体と心が壊れているのね。……芳しい兆候だわ。」

親友「そうね、それなら…………たまにはこうして、手を繋いで登校してみましょうか。」

親友「たまには、ね。趣向を変えてみても……それだけよ。ふふ……ふはは…っ…。」

親友「脂汗までかいて…………本当に、みっともない男。」

引用元: ・親友(♀)「たまには、ね。趣向を変えてみても……それだけよ。」

c?ro=1&act=rss&output=no&id=6635503&name
   2chまとめジャンクショントップページへ
の話題が沢山。